今日は娘の誕生日、遠く離れて住んでいるからメールを送ったんです

毎年の恒例みたいになっているけれど、出来るだけ絵文字も使って可愛く送ったんです

でも返信は「ありがとう お父さんもお母さんと仲良くね」というものだけ

それに比べて奥さんは全く違うんですよね

どんなメールの内容化は知りませんが、なんでも今度天ぷらを食べに行くと書いてあったらしいんです

なんでそんな情報が分かるのでしょう?父親と母親の違い?

嫌われているとは思っていないし、私なりに一生懸命送ったはずなんですけどね

ただ年齢の事を書いたからでしょうか?

娘も女性、やっぱり年齢のことはタブーだったかもしれませんね

もう結婚もしているし、やっぱり娘なんだからそんな気遣いはいらないと思っていた

それは間違いかもしれませんね、世のお父さんは気を付けた方がいですよ

会社を経営していると切っても切り離せないのが経理ですよね

その経理というのはやっぱり税務対策に必要だからという事もありますね

でも税理士となると会計士と違って敷居が高いと思われがち、でもなんでもできるというのがやっぱり税理士なんですね

もちろん税務関係は当然のことですが、会社経営に対してもアドバイスや応援が出来るんです

もちろん全ての税理士がそうだというわけではないのですが、ここ新宿西口から歩いて6分の藤原実税理士事務所はそうなんです

まだ開業2年と日は浅いけれど、解約したお客さんも倒産したり廃業になった会社もないんですよね

この実績を知りたければ新宿 税理士でググればすぐに分かります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です